外貨預金よりお得

定期預金の金利

日本のメガバンクが提供している金融商品の中で、スーパー定期といった大口の定期預金の金利は、一昔前までは魅力的な商品が多かったのですが、ネットバンクが普及した現在では、すっかり人気が陰を薄めてきています。

その理由は何といっても、ネットバンクが提供する定期預金の種類や金利の高さにあります。毎年金利が上乗せされるのが保証されている『仕組み預金』やボーナス時期になると決まって始まる『定期預金の金利キャンペーン』は、メガバンクや地方銀行の金利を遙かに上回る率で設計されています。コチラが参考になります。 >>> ネットバンクの定期預金はじめ方ガイド

外貨預金のリスク

外貨預金は日本の定期預金などに比べると、金利の利回りが大きい場合がほとんどですが、外貨を運用しますので為替変動による差損がリスクとなります。もちろん外貨を買ったときよりも円安になっていれば、差益も出ますが、あえてリスクを挙げるとすれば、為替差損と言うことになります。

外貨投資で多少のリスクを背負っても構わないから、利益が上がる場合は大きなリターンを期待したいという方には、証拠金取引が合うでしょう。円高でも円安でも利益をあげられる特徴を持った商品ですから、リターンへの期待値が高い分、リスクも覚悟しなければならない商品がFXです。

証拠金取引(FX)の魅力

FXの大きな特徴は保証金取引になるで、実際の資金以上の多額の金額を取引することが可能ということです。しかも取り扱い業者に支払う手数料が低く決済が自由に行えます。
これがFXの人気の訳といってもよいでしょう。

外貨を取り扱うという意味では外貨貯金というのもありますが、これは実際の資金を貯金することで為替の差益・差損が生じます。FXでいうスワップとは意味合いが違いますが、一定期間で考えると利息は日本円での貯金より高くなるのが通常です。

FXで組み合わせる通貨ペアごとに為替レートの動きをチェックしたり、日々めまぐるしく変わる国情等に常にアンテナを張っていなくてはなりません。。

外貨貯金はというと一定期間解約が出来ないのが普通なので、期日までは何もせず預け続けることになります。特に難しいことをしなくてよいという部分では楽ですが、期日が来たときの為替レートによっては、思わぬ損失が発生するなんて落とし穴もあります。

FXは小額資本で始められて、売買が自由に行えます。為替レートの変動を見ながら、自分の意思でリスクヘッジも可能です。

このことから、外貨貯金よりも通貨ペアを使いこなすFXの方がお得ではないかと思います。
>>> YAHOO 外国為替証拠金取引